ベジスタがめざす食育

ベジスタの食育では、「豊かな食生活」と「健康」の両立を目指しています。言い換えると「心の健康」と「カラダの健康」を両立させることです。

いつでもどこでも好きなものを好きなだけ食べる、楽しいだけの”豊か”な食生活を続けていては栄養が偏り「カラダの健康」を保つことができず生活習慣病へとつながる原因にもなりかねません。生活習慣病を患ってしまうと、好きなものを自由に食べる「心の健康」さえも奪われてしまう場合もあります。

反対に、栄養を意識しすぎて体に良いとされるものを求めるあまり、味や見た目、食べる楽しみを忘れてしまっては「心の健康」を失ってしまいます。

つまり「心の健康」と「カラダの健康」はいつも隣り合わせ。

子どもたちには、この二つをバランスよく保つための知識や能力を楽しく身につけて欲しいと願っています。

親子で楽しむ食育 ベジスタ
やっち先生こと 管理栄養士 德重安枝

活動例

copyright vegesta.jp

医療

0歳からはじめる生活習慣病予防をテーマに、育児書だけでは分からない「食」と「栄養」のあれこれを伝えています。

copyright vegesta.jp

料理教室

料理を通じて、食べものこと、味わうこと、行事食や伝統料理のことなど、日常の食生活と関わりのある「食」について伝えています。

ドッジボール

スポーツ

スポーツに親しみながら、子どもの健やかな成長のための「食」と「栄養」、「からだ」について伝えています。